話題のニュース~”風”を読む

rintetyu.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

子供手当ての実情

東レ経営研究所が4日、民主党政権の「子ども手当」の家計への影響について試算し、最も得をするのは「共働きで年収300万円、中学生2人と小学6年以下の1人の子供がいる世帯」で、年79・2万円のプラスになった。逆に、「妻が専業主婦で年収1500万円、高校生(または大学生)3人の子供がいる世帯」は最も負担が増え、年41・5万円のマイナスで、約120万円もの差が出た。

 民主党がマニフェスト(政権公約)に掲げた「子ども手当」は、中学生以下の子供に年間31万2千円を支給する。ただ、児童手当や扶養控除が廃止されるため、世帯によって「損得」が顕著になる。

 研究所は妻の就労や世帯年収、子供の数・年齢などを組み合わせ、520ケースを試算した。

 専業主婦世帯は、子供が高校生以上の場合、扶養控除がなくなる分が年収に関係なく負担増になる。

 3歳未満の子供がいる世帯では、年収900万円が年収800万円よりも得になる逆転もあった。

 増収になる中学生以下の子供のいる世帯でも、「中学生」「3歳から小学生」「3歳未満」の順に恩恵が少なくなるという。

【産経新聞】

やはり、何事にも一長一短あるのが世の常って感じです。
世間の皆さんがそのように思ってくれればいいのですが
やっぱりみんな自分が可愛いもの。
特にもらえる、もらえないのボーダーラインのかたが不幸だって言ってしまうのが
厄介です。
政治だけに限らず、世の中の変革にはその前後での不公平は生じるのです。
それを理解しましょう。

私は今回の「子供手当て」得するほうですけどね!(^^)!

【PR】
ヒルズダイエット 通販
ビーグレン
スカルプD
激安
[PR]
by rintetyu | 2009-09-06 01:42 | 総合情報~政治経済